ZARASU.com HOME Dictionary MAIN Search RSS 全件表示
グレイス ザラス世界観 英雄伝(原石) 五王国期 七星伝 諸英伝 神話編・神々 盟主伝 霊珠

[ あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行・ん ]

[ 神人ナーラダ族 / ツァン族 / トゥー族 / シャル族 / メール族 / 人間(ナルス) / 妖人(エルフ) / 言霊人(イシス) / 霊珠 ]


ナーラダ・シーナーラダ・シー (なーらだしー)

キャラクター画像 「英雄伝(原石)」の時代の人物

性別 男性
種族 ナーラダ族(神人)
生年 独立暦2029年

ザラス「英雄伝」「英雄伝序章原石」主人公。竜骨棍の戦士

  •  ザラス「英雄伝」の主人公。のちにセルフィアー全土を統一し、後世には“大英雄”と尊崇されるようになる彼であるが、「原石」の時点(一四歳)では只の小賢しいガキに過ぎない。
     口数多く面倒見が良い(=お節介な)為、包容力のある兄貴分とみられがちだが、責任感に比例して猜疑心強く、容易に心を開かない。そんな彼を変えてゆくのが、“晶嵐会”の仲間達と、会生の先輩にあたるターヌ領主ファサナ・ドゥー、フレンディーン=シャル、ウォーガ・バレンらと過ごす学園生活だ。
     晶嵐会総代として、様々な困難や事件を解決する。そのことによって彼自身が成長していく、その過程を描くのが「ザラス英雄伝序章『原石』」という物語なのである…多分。
    (テキスト初出:原石通信vol.3)
  • ウォウル初代王
    ナーラダ・ヴィレク*の子孫(だと本人は信じている)
  • セルフィアーで最も高名な学問所「晶嵐会」の出身。同窓の仲間達と共に島の全土を統一、五王国期を終わらせ「セルフィアー王国」の初代王となる。後世、「大英雄」と尊称される。
  • シーとはセルフィアー語で四の意味である。

    キャラクター画像

  • 設定1
  • 動画中画像1 10 男の子キャラ集合絵 ゲーム版設定




Copyright © 1995-2006, 玉英・ZARASU.com 


- 辞典CGI 3.11. - 改造:玉英 -