ZARASU.com HOME Dictionary MAIN Search RSS 全件表示
グレイス ザラス世界観 英雄伝(原石) 五王国期 七星伝 諸英伝 神話編・神々 盟主伝 霊珠

[ あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行・ん ]

[ 神人ナーラダ族 / ツァン族 / トゥー族 / シャル族 / メール族 / 人間(ナルス) / 妖人(エルフ) / 言霊人(イシス) / 霊珠 ]


 ■ [神話編・神々] セレネ (せれね)

  • 二五精霊*のひとつ。天(光)の属性をもつ。
    司るものは光、月、闇の中の光、周期、夜。
    光月の刻というと日没後夜明けまでの半日の時間をさす。


  • 精霊王セレネ
  • 光月城を居城とする。月の女神のひとり。
    彼女ともうひとりの月の女神・
    ルナのふたりはそれぞれ光、闇のがわの監視者。
    セレネは闇が勢力を増す夜の、ルナは光が勢力を増す昼の
    人界を監視し、双方の神々がいたずらに力を揮わないよう抑止している。


  • 精霊王セレネのイラスト
  • 精霊
  • 光の精霊。主に照明に用いられる。光珠の姿をとる。




    キャラクター画像





Copyright © 1995-2006, 玉英・ZARASU.com 


- 辞典CGI 3.11. - 改造:玉英 -