第7回声優公募
【第7回声優公募】
第7回声優公募 概要
セリフリスト:五六神王計画

選考結果

五六神王計画 トップページ
声優応募方法
スタッフ募集



【絵師募集】もよろしく!↓
絵師募集
総トップ

五六神王イメージボイス キャラクター・セリフリスト


応募受付期間:20071225日(火)200818日(火)
選考結果発表日:2008112日(土) 頃



 flash「五六神王札占」に使うボイスです。56柱いるザラス世界の神「神王」の声を数キャラずつ募集していき、全キャラ揃ったところでボイスを組み込んだflashを作成します。揃うまでは、イメージボイスという形でサイトに置きます。

 ボイス内容は、神々が占いの結果を伝えるもので、1キャラにつき数ワード用意し、flash組み込み時には、どれか1つをランダムに再生することになります。
 神々の声ですから、エコー等のエフェクトをかけて使います。
 正式版flashの完成は2008年4月頃を予定しています。
 詳しいスケジュールはまだ未定です。(スタッフルームにスケジュール案あります)

 なお、五六神王に関しては、こちらのイメージに合う方がいない場合、次の募集時に繰り越します。2度の募集で決まらなかった場合、依頼します。募集では「キャストの方の力量」ではなく寄せていただいたボイスの「キャラクター性」(および、他の決定キャラクターとの差別化)をメインで判断しますので、不採用の場合はぜひ、次の回に、別のイメージで再挑戦していただきたいと思います。キャラクターの演じ分けができていれば、数キャラの応募ももちろんOKですし、1キャラの応募で数パターンお寄せいただいてもOKです。

今回募集するのは、以下の14キャラになります。


01
暦神ユガ
暦神ユガ

(男・30↑50↓)
セリフ/資料
02
農神パールヴァティ
農神パールヴァティ

(女・40↑60↓)
セリフ/資料
03
財神クベーラ
財神クベーラ

(男・25↑40↓)
セリフ/資料
04
楽神ガンダルヴァ
楽神ガンダルヴァ

(女・15↑25↓)
セリフ/資料
05
幸神ラクシュミー
幸神ラクシュミー

(女・20↑30↓)
セリフ/資料
06
厨神マハーカーラ
厨神マハーカーラ

(男・40↑55↑↓)
セリフ/資料
07
狩神クリシュナ
狩神クリシュナ

(男・15↑25↓)
セリフ/資料
08
愛神カーマ
愛神カーマ

(男・5↑↓)
セリフ/資料
09
結界神シャリヤーティ
結界神シャリヤーティ

(男・25↑35↓)
セリフ/資料
10
母神ハーリーティ
母神ハーリーティ

(女・30↑50↓)
セリフ/資料
11
仁義天ビーマ
仁義天ビーマ

(男・55↑↓)
セリフ/資料
12
造物天ヴィシュヴァカルマン
造物天ヴィシュヴァカルマン

(男・60↑)
セリフ/資料
13
弁才天サラスヴァティ
弁才天サラスヴァティ

(女・20↑35↓)
セリフ/資料
14
美麗天ラーダー
美麗天ラーダー

(女・8↑15↓)
セリフ/資料

1キャラに対し複数パターンで応募する場合は、
●パターン別にフォルダに分ける、もしくは指定ファイル名の末尾に_a、_bとつけるなど、「ファイル名がセリフに対応しており」「種類が分かる」ような形にしてください。
●1キャラ分のファイルはまとめて送付してください。


セリフリストと、性別、性格、声に関する要望などを記しておきますので、演技の際参考にしてください。


※全員のセリフにある、「イシェド」とは、神それぞれの力の本質を表す言葉です。



 01   暦神ユガ (男・30↑50↓)

   暦神ユガ

時汐の螺旋、孤高の史家

暦、歴史を象徴する神。教義は「繰り返される歴史」。
ユガは自身を「周期の観察者」と規定しています。(周期とは千年をひとくぎりとする時代区分ですが、この場合時の流れ、歴史の流れ全体のこと)彼は五の姿をもつ麒麟のひとつ、トリスを神将としています。麒麟を持つ神王は、ザラスを支配する大いなる流れ「因果律」を読み取ったりわずかに干渉したりできる強大な力をもちます。だからこそ、彼は極力力を振るわず、観察者に徹しようとしています。光からも闇からも距離をおき、中立の神として、静かに刻を見守っています。

すべての事柄について一人称を使わず、第三者視点で話します。
ただしそれは、事象を他人事として捉えているからではありません。
歴史をありのままに記録し、人々が歴史を学ぶこと、
それがひとつところをまわる繰り返しの歴史でなく「螺旋の歴史」──ゆるやかに円を描きながら高みへと登ってゆく世界へと、導いてゆけると思っている、
その大義と情熱から私情を殺しているゆえです。

ノーマルなナレーション調で、語りかけているのだが自分の意見を言っているというよりはニュートラルに真実を述べているというかんじで、落ち着いたかんじで、棒読みにはならないよう、お願いいたします。応募は男性のみ可です。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET101「2(に)、それはあちらへ行き、こちらへと戻ること。異(こと)なる道(みち)からひとつを選ぶことが可能になった状態。ふたたび同じところに立つことができ、やりなおせること、をあらわす数字である。」
ET102「暦(こよみ)とはめぐりめぐるさだめ。螺旋(らせん)をなす時の流れ。神(かみ)、人(ひと)、世界のすべては同じ一つの源(みなもと)たる世界樹(せかいじゅ)から生まれたものであり、本質はいずれも変わらぬゆえに、周期を区切れば時はめぐる。めぐり、繰り返すものを手がかりとして、神も人も、時流(じりゅう)を認識してゆく。」
ET103「革新と伝統、二項(にこう)は対立するものではなく、混在(こんざい)し相補(そうほ)しあう。変わるものと、変わるべきでないもの。すべてを破壊し新秩序を布(し)こうとする者の末路(まつろ)は、歴史が証明している。」
ET104「因果律(いんがりつ)は世界のすべてをつらぬく根本原理(こんぽんげんり)であり、そこから派生(はせい)するもろもろの事物(じぶつ)を運命(うんめい)と呼ぶ。因果律(いんがりつ)は歪(ゆが)めることのできぬ絶対律(ぜったいりつ)であるが、人(ひと)の命(めい)、時(とき)の運(うん)、場(ば)の風水(ふうすい)によってよりよい運命を選ぶことは可能である。歴史に学ぶことは、先人(せんじん)の遺訓(いくん)に耳を傾けることである。」
ET105「命(いのち)は生まれて死ぬ刹那(せつな)の時のなかでなにがしかの成果、教訓、真実の一片(いっぺん)を得(え)、次の命(いのち)へと繋(つな)いでゆく。これがめぐりめぐるものの、もっとも純粋にして尊いものである。彼らの得たものを書き留め、編(あ)むことは、それを蓄積し螺旋へと導(みちび)くための最良の手段である。これが史家(しか)の真髄(しんずい)にして使命である。」



 02   農神パールヴァティ (女・40↑60↓)

   農神パールヴァティ

※イメージラフは作成中

豊穣の蒔手、森羅を鋤く者

大地、農業、豊作の神で、勤勉努力、育てることを司ります。
人界では神殿というほど大規模な施設はあまり築かれていませんが、農地のあるところには必ずこの神を祀った祠があり、収穫の際にはそこで祭が催されます。


明るい農家のおばちゃん、肝っ玉母さん、といった風貌の、大柄で逞しい女傑。いちおう戦神でもあり、大鋤を振るって戦います。
やたらよく通る、やかましいおばちゃんのだみ声、というかんじがほしいです。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET201「あたしの数は4。地水風火(ちすいふうか)、構成要素の数(かず)だけど……そうねえ、芽が出る、という意味もあるわねえ。」
ET202「種をまき、育て、実りを待って、収穫する。時の流れと、人の力のもっとも自然な合一(ごういつ)の姿(すがた)、それが、あたしのイシェド「種(たね)」。」
ET203「所詮この世は女と男!女は度胸!男は愛嬌!がっはっはっは!しっかりやんなさい!」全体に、大笑いしながら。がっはっはっは!は、豪快な笑いです。そのまま読まないでください。
ET204「そだて、はぐくむことは世界にとって大いなる前進。他者を育てることは、自分も育てること。実りを得たいなら、努力なさい。」
ET205「時流はゆるやかに生命を育て、世界樹の遺殻(いかく)たる大地はたゆまず生命を包み込む。結局のところは人も、あたしたち神も、大いなる世界の流れの中で生かされる、一塊(いっかい)の土くれにすぎない。」



 03   財神クベーラ (男・25↑40↓)

   財神クベーラ

※イメージラフは作成中

愛想の良い関西弁商人

商売繁盛と蓄財の神。占いでこの札が出たら「金運がベスト」であることを表します。幸神ラクシュミーは彼の妻で、二人あわせて結婚の神でもあります。

気さくで好奇心強く、人当たりの良い青年です。属性が完全に福の神ですから、意地悪く聞こえないようにお願いします。


なお……
ザラスに関西地方はありませんが、商売人=大阪人 という安直なイメージで関西弁キャラに設定してみました。といっても玉英は関西に住んだことないので適当にイメージで書いています。関西出身の方はセリフを修正の上ご応募いただけると助かります。(どこを修正したかコメント添えてください)

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET301「わいは7番目の神や。人部神(じんぶしん)筆頭やから当たり前やけど、七要素(ななようそ)の数やな。七要素ちゅうのは、地水風火(ちすいふうか)4つの「構成要素」と、天空人(てんくうじん)3つの「構成原理」、あわせて7つの、力の種類のことや。世界は全部、七要素の組み合わせでできとる。」
ET302「わいのイシェドは「貨(か)」……まあ、ゼニやな。つまり商売繁盛の神ちうわけや。今儲け話きたら、聞いといたほうがええで。」
ET303「世の中ゼニで買えん幸せも確かにある。せやけど、ゼニがあれば買える幸せもぎょうさんある。なんでか?はなから値札つけて売っとるもんは、買うたら幸せになれる、ラクできる、役に立つ、そないな物やサービスなんやから。余ったもんを売って、足りんもんを買うて、みなみなハッピー、それが商いの基本やで。」
ET304「商売は、感謝や。お客さんに、毎度あり。扱うてるものに、おおきに。感謝して、感謝されると、繋がりができるやろ。その繋がりが、まるっとゼニに化けるわけや。ものをよこした、よこされたちうんじゃ、繋がりはいっぺんきり。めっちゃ嬉しいわ、て言うてもらうんが、結局いっちゃん儲かるんや。」
ET305「わいの女はほんまにええ女やで。いつもニコニコ、打てば響くよなツッコミ、何千年連れ添うてても飽かん。こればっかりは、ゼニではよう買われへん幸せやな。因果律はん、えらいおおきに。」



 04   楽神ガンダルヴァ (女・15↑25↓)

   楽神ガンダルヴァ

境界の音、御霊の導き手

ガンダルヴァは、カラヴィンカ、ソーマ、ナタとともに四友と呼ばれる芸術神のひとりです。漆黒の長い髪をもつ少女の姿をとり、常に琴を所持している楽師の守護神です。
神官は呪曲を使うことができます。

思いやり深い性格ですが、惑う魂に引導を渡すという職能から、たおやかな見かけによらず過激な面ももち、物事は白黒はっきり線引きしないと内心、気が済みません。四友の中でも一番の切れ者です。自ら戦陣に立つこともあり、戦神並の戦闘能力を披露します。


落ち着いて深みのある、しかし頭の良さを感じさせるような歯切れ良いしゃべり方。他の神々、特につるむことの多い四友・設定の近いガンガーとの、声質・キャラクター性のバランスをみて選考します。応募は女性のみ可です。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET401「9という数字は、3を2回掛けた数。現在、過去、未来すなわち三期(さんき)を二度(にど)経験すること、これは魂(たましい)の循環、そのものよ。」
ET402「私のイシェド「琴(きん)」は弦楽器の総称(そうしょう)。私が特に好んで使うのは、翼琴(よくきん)という、鳥が翼(つばさ)を広げたような形のもの。弦(げん)をふるえさせ奏でることによって、その音色(おんしょく)は、地界ふかく、死者の終(つい)の宿(やど)・闇黒界(あんこくかい)にまで届く。」
ET403「私の琴(こと)は単に耳に快い、美しい旋律を奏でるだけではないわ。私の力は、境界(きょうかい)の力。境界をひく、あるいは境界をなくすことができる。魂魄(こんばく)が身体から離れたとき、人は命を失うけれど、まれに惑う者がいる。さかいめで琴を奏で聞かせると、さまよえる亡者の魂を慰(なぐさ)め、閻羅王(えんらおう)ヤマのもとへと導くことができる、これも私の大事なつとめのひとつ。」
ET404「境界とは、魂の境界。あるいは精神の境界、肉体の境界、気流の境界……境界をつくり、境界を意識すると、それを手がかりにして魂は目にみえないものを「そこにある」と感じる。有るか無いか、一つか二つか、近いか遠いか、届くか届かないか、生きているか死んでいるか……すべては、境界の設定次第。」
ET405「私はカラヴィンカと同じく音を扱う神だけれど、彼女と違って空部(くうぶ)に属している。それは、音のもつ性質にはふたつあるから。彼女の音は、伝承の音。伝え、受け継いでゆくもの。私の音は、衝撃の音。空間や魂の構成そのものに作用して、揺り動かしてゆく。」



 05   幸神ラクシュミー (女・20↑30↓)

   幸神ラクシュミー

あなたに、幸運を


ラクシュミーは開運招福の神です。他の福神はそれぞれの属性(イシェド)に準じた星の巡りがよくなる、という意味での幸運の神なのですが、ラクシュミーだけは純粋な「幸運の神」になります。偶然、たまたま飛び込んでくる幸運、因果律の導く運命のなかでの幸運、と、幸運を導くための風水、護符を司ります。

クベーラの奥方であり、二人あわせて結婚・縁結びの神でもあります。


神王のキャラクター性としては、常に笑顔を絶やさない、関西弁若奥様といったかんじ。明るくかわいらしい若い女(ただし、少女ではない)に演じていただきたいと思います。女性のみ応募可。
玉英は関西に住んだことないので適当にイメージで書いています。関西出身の方はセリフを修正の上ご応募いただけると助かります。(どこを修正したかコメント添えてください)

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET501「うちをあらわす数字は14。ひとつの運命(うんめい)のなかの、いちばんえらい時を表す数字でもあり、いろんな見方で運命をみつめることでもあるんね。」ニコニコ
ET502「うちのイシェドは「符(ふ)」つまり護符(ごふ)、おまもりや。護符には、おふだに口訣(こうけつ)を記したものや、香木(こうぼく)、霊木(れいぼく)、霊石(れいせき)なんから作ったもの、ぎょうさんありますさかい、好きなのを使うてくれてかまへん。」ニコニコ 口訣は呪文のこと。
ET503「偶然やらなんやらちうものはおまへん。すべては、因果律のもたらす必然。もし、どうしても偶然ちうなら、それは、きっとめぐりあわせやろな。」ニコニコ
ET504「護符がほんまに効くのかて?あると信じ、うちを信じれば効きめはあるし、ないと思えば消えて無くなる。そういうものや。」ニコニコ
ET505「立ち向かうあなたに。日々に耐えるあなたに。道を切り開こうとするあなたに──あなたに、尽きせぬ幸運を。しあわせが得られますように。」ニコニコ



 06   厨神マハーカーラ (男・40↑55↑↓)

   厨神マハーカーラ

※イメージラフは作成中

輪廻の大黒、美食の熔炉、山男


「食べる」という概念を発明した神です。
最初に人界に下った人類である「言霊人」は、言葉を介して大気から未分化のマナを摂取する能力があり、食事を摂ることはありませんでした。世界のマナの分化が進むに従い、言霊人は生存能力を失い、歴史の中に消えていくことになります。
現在のザラスに居る人類「人間(ナルス)」と「神人(ホルス)」は、完全に分化した気が形なした姿─すなわち動植物や水などを、食料として経口摂取し消化することによって、生命活動のためのエネルギーを得ます。

食べ、食べられるという生命どうしの関係性の連鎖循環、
調理することと美食の快楽、
そういったものを人界にもたらしたのが、このマハーカーラです。

彼は大戦後、人界に降臨しメール山へとその身を変えており、現在は人の姿をとることはありません。
メール族の宗神であるので、高位の司祭と会話することはあるようです。
というわけなので、原石でなにかやるときに登場する可能性があります。


神像などでは太った大男が至福の笑みを浮かべている姿で描かれます。
腹の底から出てるような安定感のある低い声が欲しいです。
応募は男性のみ可。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET601「我は17、屹立(きつりつ)するわが腹(ハラ)の稜線(りょうせん)を表す。」
ET602「我は大山(たいざん)。動かざるもの。我は熔炉(ようろ)。溶かし尽くすもの。我は転変(てんぺん)。神(かみ)から人(ひと)へと、寄り添うもの。」
ET603「調理は、ただ動植物を煮(に)炊(た)きし生命エネルギーの源(みなもと)とするための行為にあらず。己(おのれ)が属する世界への奉仕であり、感謝の念の表明であり、最上の歓喜をもたらす交歓(こうかん)の儀式である。」
ET604「もと、神(かみ)は己(おのれ)のみに拘泥(こうでい)し、己(おの)が母(はは)たる世界樹に執着し、ついには吸い尽くすに至った。ひきかえ今(いま)の世(よ)は、すべての生命(せいめい)が食う食われるの関係性の中におり、例外は無い。ひとつを分け合うのでなく、互いに強く結びあう世界─」
ET605「循環連鎖(じゅんかんれんさ)、これを環(かん)という。環を世界にもたらしたは我(われ)であるが、その雛型(ひながた)たる関係性は因果律(いんがりつ)のうちに既出(きしゅつ)であり、我はそれを伝播(でんぱ)したにすぎぬ。」



 07   狩神クリシュナ (男・15↑25↓)

   狩神クリシュナ

※イメージラフは作成中

諸物連環、隠遁の賢者、大猟大漁の神


クリシュナは光の神です。狩猟・漁労の神であり、マハーカーラとともに自然秩序、食物連鎖の守り手です。
また戦神の次格、弓軍将軍であり、大戦時には三戦神とともに活躍しました。
調和を旨とする穏やかな性格で、無用の争いを好みませんが、生存のための戦であれば死力を尽くして勇敢に挑みます。
慈愛神ディリーパと恋仲でもあります。

神人「トゥー族」は、彼の神将、銀狼トゥルクを祖神としていますので、原石などで登場の可能性があります。


質素な服を着、弓を抱えたりりしい小柄な少年(または青年)の姿をとります。話し方は穏やかで知的なかんじでよろしくお願いします。男女ともに応募可。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET701「僕を表(あらわ)す数字は19だ。しなる弓と弦(つる)、それにつがえる矢を象(かたど)っている。」
ET702「僕のイシェドは「弓(ゆみ)」。弓は矢さえ補(おぎな)えば次々とおなじ攻撃を放つことができる。そういうふうに、ものごとがめぐり続くこと、連続することを象徴している。」
ET703「「連(れん)」とは、諸連鎖(しょれんさ)のなかにいる自分を自覚し、流れに身をゆだねる隠者のことをいう。」
ET704「「環(かん)」とは、自然の法則、光と闇の意思のことだ。無理はせず、怠(なま)けることもなく、自然のままに生きることが、「環に従う」ということ、これができる人の生涯は、最上の幸せだ。」
ET705「人の運命は儚(はかな)い。神のはそれより強靱(きょうじん)であるが、なお強く縛られる。運命は、光と闇の意思すなわち「環」から派生(はせい)している。天与(てんよ)の運命を是(ぜ)とせぬ者は、環に倣(なら)い、光と闇の意思を纏(まと)うべし。高みへと解脱(げだつ)することが、運命から逃れ得る唯一の道だ。」



 08   愛神カーマ (男・5↑↓)

   愛神カーマ

※イメージラフは作成中

愛染童子

愛し愛されること、無限の信頼と安らぎ、守るべきもの、を象徴する神です。母親であるハーリーティとあわせて、子宝の神、子孫繁栄の神でもあります。
邪気のない欲望ゆえの業、をも象徴します。


幸せそうな幼児の姿をとります。屈託のない、明るくかわいらしい、舌っ足らずなかんじで演じてください。
女性のみ応募可です。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET801「あのね、カーマはね、“にじゅういち”なの。かあさまと、カーマが、おててをつないでるの。」
ET802「たましいは、こころのかたち。ふわふわ、きらきらしてる、こころのいろ。」
ET803「カーマはね、みんながすきなの。なかよくしてほしいの。みんなみんな、いっしょだよ。」
ET804「すきなひととは、いっしょにいたいよ。いっしょにいようよ。ずっと、ずうっと。」
ET805「すきって、ふしぎ。ぜんぶぜんぶ、カーマのもの。あれも、これも、ぜんぶほしい。ねえ、カーマに、ちょうだい?」



 09   結界神シャリヤーティ (男・25↑35↓)

   結界神シャリヤーティ

三面の封印、技巧の術師、氷晶の結界

空間と氷を司る神です。
人界でも神界でも星界でもない異界をつくって住むなんてことを始めたのはこの方です。
術者の始祖。世界を操る技を開発し、追究するのが彼の本性です。神官も教義を説く者はすくなく、術を用いることがそのまま信仰となっています。


三面六臂の白面郎。銀髪の美青年ですが顔が3つあり、笑い、怒り、悲しみの表情を浮かべています。その3つの感情は偽装であり、よほどの相手でないとほんとうの感情を見せることがありません。
他者と打ち解けない、理解を拒絶しているような冷たいかんじを出していただけるといいなと思います。ただし、嫌みな感じや突っぱねる感じでは、ありません。自分の殻にこもり、他者に興味がない、という感じです。
応募は男性のみ可です。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ET901「我が序列を表(あらわ)す数(かず)は23。突き当たって折れ曲がることを象徴する。」
ET902「我がイシェド「氷(こおり)」は氷そのものでもあり、結界石(けっかいせき)の意でもあり、我が力の精粋(せいすい)たる「結界」をも表す。」
ET903「自学自習。真に欲するものは探せば見つかる。なければ己の手で作る。磨(みが)くべき技は己の内にあり。安易に問うなかれ。」
ET904「真理を探究する者は、時として結果ではなく行為自体を目的となす。他者の理解は難(かた)けれど、其(そ)れもまた修養(しゅうよう)の究極の形、悪くは無い。」
ET905「我が力宿(やど)せし四方体(しほうたい)「結界石」、最も汎用(はんよう)しうる施術宝器(せじゅつほうき)なり。広めるべし。」



 10   母神ハーリーティ (女・30↑50↓)

   母神ハーリーティ

※イメージラフは作成中

聖母、偉大なる母の愛、または親馬鹿

子孫繁栄、家内安全の神です。幸せな家庭生活の象徴です。カーマやディリーパも愛の神とよばれますが、ハーリーティの愛は、おもに母子愛、兄弟愛、家族愛、子宝・繁栄につながる愛をさします。

ちょっとふくよかなかんじの、優しく包容力のある母親のイメージで。やさしく強い母性を表現していただけるといいなぁと思います。応募は女性のみ可。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ETa01「妾(わたくし)は28番目の神王(しんおう)、全体のなかのちょうど半分、新しいものと従来のものの中間、変化を生み出そうとしていることを表します。」
ETa02「妾(わたくし)のイシェドは、「乳(ちち)」。繋(つな)ぐべき未来のため、わが身を削り与える、母の愛の姿です。」
ETa03「わが身をわけ、新しい生命(せいめい)を生み出すのは、今より未来が明るくあるよう願うから。因果の大流(たいりゅう)よ、どうかわが子に希望と、新しい力を。」
ETa04「愛するものを生かすためならば、妾(わたくし)は何度でもこの道を選ぶでしょう。たとえ他のすべてを亡くしても…妾(わたくし)の望む未来だから。」
ETa05「ぼうや。妾(わたくし)のかわいいぼうや。心やすく、しずやかに、おやすみなさい。ぼうやが目をあけたとき、包み込む世界が、美しく、浄(きよ)く、優しくありますように。」



 11   仁義天ビーマ (男・55↑↓)

   仁義天ビーマ

※イメージラフは作成中

陽気な酔っ払い、酒は甘露

酒と宴会と仁義の神です。人を縛るのは理でなく義であるべきだ、というのが教義であり、人を疑うことは恥ずべきことであり、人に疑われるのはそれ以上に不徳である、と説きます。

55歳ぐらいの酔っぱらい、禿頭、ビヤ樽体型の男。言葉はぞんざい、おおざっぱでいい加減ですが人の情には篤く、約束は必ず守ります。約束の神といえばもうひとり、シュリーがいますが、あちらは明文化された法や、形式に則った契約を守ることがメインなのに対し、ビーマの約束は人の情、人間関係をベースにした「仁義」、あえて言葉にしないような暗黙の約束を重視します。
神なので、下品にならないようにおねがいします。
大陸の唐詩宋詞の詩人、現代なら会社役員か大学教授あたりが、酔っぱらって、酒甕を叩きながら機嫌良く詞を唸ってるかんじ?応募は男性のみ可です。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ETb01「やァ兄ちゃん、きれいな姉ちゃん、チョイとここ来て見てみなァ。卓(たく)の上にァ盃(さかずき)二つ。コクリと小首をかしげて見りゃァ……ほれ。見えるだろォ?ワシを表す数(かず)はそう、31さァ。」
ETb02「酒と肴を前にすリャ、神(かみ)・人(ひと)・みなみなおんなじさァ。飲んで飲まれて、飲まれて飲んで、一つ庇(ひさし)の月の影、よォ。」
ETb03「人生いろいろ、神もいろいろ、ラクさ嬉しさ、寂しさツラさ、飲むに飲まれぬ今宵(こよい)の傷も、酒に流しァ、アラ不思議。露と消えゆく曙(あけぼの)の空(そら)、っとォ。」
ETb04「良薬(りょうやく)、妙薬(みょうやく)、数あれど、絆(きずな)癒すはコノ甘露(かんろ)、ひと嘗(ナ)めすりゃァ剣帯(けんたい)解(と)けて、口に含みゃァ、抱腹絶倒。」
ETb05「ハッハッハァ、人徳ってなァ、宝だなァ。酒の友こそ、真の友。サ、サ、どうヨ、ご一献。」



 12   造物天ヴィシュヴァカルマン (男・60↑)

   造物天ヴィシュヴァカルマン

※イメージラフは作成中

沈玉の匠


ヴィシュヴァカルマンは天界の職人です。あらゆる神々の神器、武器宝具居城その他もろもろの作者です。あらゆる力をより集め、美しいもの、鋭いもの、強いもの、固いもの、いろいろな姿に練り上げていきます。その想像力と創造力それに技術力は、他の神の追随をまったく許しません。自分の腕に絶対の自信を持っていますが、それを誇るでもなく、まだ足りないものを求め、完璧を追っています。

頑固で朴訥、飄々とした風貌の無口な老人。この道○十年人間国宝的職人、というイメージです。男性のみ応募可。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ETc01「32とは、2の5乗。トントンッと、ただひとつの原材(げんざい)をひたすらに打ち続ける槌音(つちおと)ぞ。」
ETc02「わしのイシェドは「玉(ぎょく)」。髄石金材(ずいせきこんざい)、いかなるものも、磨(みが)けば玉(ぎょく)と成る。」
ETc03「よい原石(げんせき)の呼び声を聞き、その内(うち)にひとつきりの光輝(こうき)を見いだし、彫り出すことこそわしの使命。語りかけぬ石を、意に背(そむ)き、弄(ろう)すことなど不可能じゃ。材には材の心がある。」
ETc04「知性体はすべて、創造をもってその生粋(せいすい)となす。妨げる者、破壊する者はこれ悪なり。貫(つらぬ)くは善にして聖(せい)なるなり。」
ETc05「無から有を生み出すとはよく言うが、真(しん)に無から物を生むことはわしとて不可能。依挙頼訪(いきょらいほう)の折(おり)は原材あるいは諸代価(しょだいか)を持参せよ。必ず相応の品を返すこと、しかと約す。」



 13   弁才天サラスヴァティ (女・20↑35↓)

   弁才天サラスヴァティ

※イメージラフは作成中

七色の舌、言葉の虹

弁護士、小説家、詩人、政治的指導者、詐欺師、売文業者など言葉を操る者の守護神。語彙が豊富であること、話がうまいこと、言葉による表現力、言霊の力などを司ります。

自信に満ちた女性。辣腕女弁護士、または、保険会社のセールスレディーのようなイメージで。自分のことを頭がよいと信じているゆえの悪意のない嫌味みたいなものも多少はいるといいなと思います。ただし再生5秒でこいつ嫌なヤツ、とページ閉じられるようなのは困るので、かっこよさのほうが勝つかんじに混ぜていただければと思います。
応募は女性のみ可です。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ETd01「40とは四囲重陣(しいじゅうじん)。何層にも相手を包み込んで、目標を逃(の)がさぬよう追い詰めることよ。」
ETd02「私(わたし)のイシェドは「虹(にじ)」。美しくきらびやかなこと、多彩な技(わざ)を持っていることを表しているわ。持ちネタが豊富であること……と、言い換えてもいいかしら。」
ETd03「私の武器は七色の舌。剣戟(けんげき)を撃ち交わすなんて野暮な真似はしない。華麗なる言葉の虹で世界を幻惑し、意のままに操(あやつ)る、私は、言葉の技巧師(ぎこうし)。」
ETd04「赤(あか)、情熱の言葉。桃(もも)、愛情の言葉。黄(き)、条理(じょうり)の言葉。緑(みどり)、激励の言葉。青(あお)、鎮静の言葉。紫(むらさき)、誘惑の言葉。白(しろ)、譲歩の言葉。七色(なないろ)の言葉を駆(か)れば、崩せぬ陣はないわ。」
ETd05「中身さえよければ売れるなんて思ってないでしょうね?相手に存在が知られなければ、どんなにすばらしいものも無いと同じ。もっと宣伝なさい。」



 14   美麗天ラーダー (女・8↑15↓)

   美麗天ラーダー

今を咲き誇る花

ラーダーは天界ディヤウス派の女神のひとり。幼げな容姿に豪奢な長い金髪と豊満な肉体を誇るぷにぷに美少女です。花や宝石など目に見えるもの、絵画・彫刻などの芸術をはじめ、立ち居振る舞いや礼儀作法、心のありかたなど目に見えないものも含めて、ありとあらゆる華やかなもの、美しいものを司ります。
占いで彼女の札が出たときは「今が絶頂、最高の運勢」であることを表します。

おっとりと気品のある、良家の令嬢・お姫様っぽいかんじでよろしくおねがいします。応募は女性のみ可です。

★選考用セリフリスト
ファイル名内容備考
ETe01「わたしを象徴する数(かず)は、44です。4という数字には、とがったものの先、という意味があるの。それをふたつ並べた44という数は、花びらをまわりにぴんと伸ばした花の姿(すがた)の写(うつ)し。もっとも満ち足り、最先端にいることを表(あらわ)しているわ。」
ETe02「わたしのイシェドは、「花(はな)」です。芽を出し、葉をしげらせ、茎を伸ばし……時間、手間、たくさんのものを注(そそ)いで導いた、とても美しく、誇らしい、結果のかたち。」
ETe03「美しいことは善(ぜん)。醜(みにく)いことは、よくないこと。醜いものを除き、美しいものを集めて、世界を花で満たしましょう。」
ETe04「美しさは、光(ひかり)。美しさは、愛。美しさは、罪。心満たし、心ふるわせ、心奪うもの。咲き誇る今を、楽しみましょ。」
ETe05「いまのあなたは美しい。花びらの先までみずみずしく満たされ張りつめた、あなたは一輪の花。散る時を恐れないで、今だけを見つめて。」








戻る



- - 公募ジェネレータ@銀の月動画計画 ver.1.1 - -